学校教育目標

 1 真理を探究する意欲、豊かな教養と情操を身に付けた活力ある人間を育成する。
 2 温かな思いやりを持ち、個性の確立に努める人間を育成する。
 3 経験や体験から逞しさやしなやかさを学び、社会に貢献できる人間を育成する。
 

目指す学校像 ~自己肯定感・達成感・成就感の育成~

 1 生徒一人ひとりのニーズにしっかりと応える学校
 2 生徒が毎日活き活きと笑顔で登校してくる学校
 3 生徒と保護者が「南幌高校で学んで良かった」と言える学校
 

目指す生徒像 ~自らの輝く長所を活かし活躍できる生徒~

 校訓 『自主・自律』
 1 自己を理解し、必要な学びに興味・関心を持ち、主体的に学ぼうとする生徒
 2 自らの夢や希望を諦めずに、その実現に挑戦し努力しようとする生徒
 3 自助と共助の精神にあふれ、自ら社会に貢献しようとする生徒
 

重点目標

 1 将来の展望に立ち、自ら学ぶ意欲と態度を養い学力の向上を目指す。
 2 特別活動や生徒会活動及びボランティア活動を充実させ、協調性や社会性を養うとともに他を思いやる心豊かな人間性の育成を目指す。
 3 保護者や地域との連携を強化し、開かれた教育課程の実践を目指す。
 

学校経営方針

 「個に応じたきめ細やかな学びの提供」・「組織として一体感のある教育実践」
 1 教職員一人ひとりの力を結集し、教職員の共通理解を深め、組織的で協働意欲に満ちた活力あふれる学校づくりを推進する。
 2 社会で求める生徒の学力や資質・能力の育成に向け、主体的・対話的で深い学びの実践を日常の教育活動で推進する。
 3 教えるプロとしての教師力の向上を図る校内研修を充実させ、教育公務員としての服務規律の厳正に努める。
 4 学校と家庭、地域と連携・協働した教育活動を積極的に取り入れ、常に情報発信するなどして本校を理解し信頼される学校づくりに努める。
 5 学校の校舎や設備、学習環境の適切な管理や整備に努め、生徒の健康や学習環境として安心して学べる環境づくりに努める。
 

教育課程編成の方針

 1 生徒一人ひとりの自己実現を目指し、生徒の能力・適正・進路希望等に十分配慮し、確かな学力を育成する教育課程を編成する。
 2 総合的な学習の時間や特別活動の趣旨を踏まえ、普遍的な教養や社会規範を尊重する姿勢を涵養する教育課程を編成する。
 3 コミュニケーション能力の育成を重視し、社会に適応できるように心身の調和を図る教育課程を編成する。
 

指導上の重点事項





(1)生徒の実態を的確に把握して自ら学ぶ意欲を喚起し、個に応じた学習指導を推進する。
(2)授業時数の一層の確保に努め、一人ひとりの学力向上を図り、学習指導の充実を図る。
(3)始業前の朝読書や放課後の個別指導などにより基礎・基本の修得を図るとともに、学ぶ喜びや学習意欲の喚起を目指し、個に応じた  キャリアプランをサポートする。
(4)教科と学年で連携した組織的な家庭学習の推進を図り、一層の学力の向上を図る。
(5)全ての生徒が安心して学べるユニバーサルデザインによる環境づくりに努める。
(6)適正な学習評価の在り方について、学校として統一した観点別評価の実施に向けた研修を深め、学ぶ意欲につながる学習評価を検討  していく。




(1)生徒相互、教師と生徒の望ましい人間関係のもとに、いじめの未然防止は勿論のこと、他人を敬う心や態度を育成する。
(2)社会人として必要な時間や約束を守ることや言葉遣いや制服の着こなし、高校生としての振る舞いなどの礼儀やマナーを身につける  指導の徹底を図り、進路実現に向けた進路指導の一環として組織的に取り組む。
(3)生徒一人ひとりが協調性を持って主体的に活躍できる特別活動及び生徒会行事の充実を図る。



(1)計画的な体験学習及びインターンシップなどのキャリア教育の実践やタイムリーな講演会や説明会の実施により、的確な進路指導を  とおして勤労観や職業観を醸成する。
(2)自ら自己の能力や適性について見出させ、その伸長と進路実現を図る。
(3)関係機関と密接な連携を保ち、的確で正確な情報収集と効果的な活用に努める。
(4)保護者との連携を図り、生徒や保護者の要望やニーズに親身な対応に努める。
(5)生徒や保護者のニーズや状況に応じて専門的な関係機関と連携を図り、的確な指導・助言をもとに、生徒一人ひとりの状況に応じた  きめ細やかな進路指導に努める。







(1)心身の健康増進のため、規律ある生活習慣の確立と教育相談体制の充実を図る。
(2)生徒の健全育成及び生命を重んじる健康安全に関する講演や指導を推進する。
(3)日常の教育活動に関し、常に最悪を想定した危機管理を意識した教育活動を実践する。
(4)教室や廊下など清掃・美化活動の指導や暖房などの学習環境の整備に努める。
(5)春、秋の異なる避難訓練の実施など防災教育を推進し、災害から自分の命を自ら守る意識の醸成を図る。