学校教育目標

 1 真理を探究する意欲、豊かな教養と情操を身につけた活力ある人間を育成する。
 2 温かな思いやりをもち、個性の確立に努める人間を育成する。
 3 経験や体験からたくましさやしなやかさを学び、社会に貢献できる人間を育成する。
 

1 重点目標

《校訓「自主 自律」のもとに、知徳体の調和がとれた「社会に通用する18歳」を育成する》
 (1)学力の向上を重視し、生徒の可能性を最大限に発揮させ、進路実現に努める。
 (2)規律や礼儀等を重んじ、自ら考え正しく行動する態度や実践力の育成に努める。
 (3)様々な体験活動を通し、生命を尊重する心を育むとともに、豊かな人間関係を築くことができる資質の育成に努める。
 

2 経営方針

《教職員の協働体制や地域の教育力の活用により、学びたい学校、通わせたい学校、信頼される学校づくりをめざす》
《南幌高校しか出来ないこと!南幌高校だから出来ること!南幌高校らしいこと!を推進する》
 (1)学校課題を的確に把握し課題解決を推進するため、教職員の協働意識と協働体制のもとに活力あふれる学校づくりに努める。
 (2)本校の使命を果たせるよう地域の教育力を活用するとともに、学校評価を真摯に受け止め学校運営の改善、教育活動の質の向上に努める。
 (3)生徒の学力向上を図るため、常に授業や評価の改善に努めるとともに、授業力向上に向けた組織的かつ継続的な取組や校内研修を充実させる。
 (4)多様な進路希望に対応するため、個々の生徒に応じた相談や支援に努める。
 (5)安心安全な教育環境のもとで、生徒が学習や生活ができるよう危機管理に努める。
 (6)教えるプロとしての自覚や使命を果たすため資質向上に努めるとともに、教育公務員としての服務の保持に努める。
 

3 教育課程編成の方針

 (1)法令や学習指導要領に基づき、適切に教育課程を編成する。
 (2)社会の変化や生徒の能力、適性や進路実現に対応できる教育課程を編成する。
 (3)総合的な学習の時間や特別活動等の充実を図った教育課程を編成する。
 

4 指導上の重点事項





 ・確かな学力の向上と知識・技能及び思考力・判断力・表現力等の育成
(1)内容を精選した学習指導計画を作成し、基礎・基本の定着を図る。
(2)生徒の実態に応じたきめ細やかな指導方法や学習評価の改善に努める。
(3)個に応じた目標を設定し、学習意欲を高めるとともに学習習慣を身に付けさせる。
(4)授業時間の確保を行い、学習指導の充実を図るとともに学力向上に努める。




 ・基本的生活習慣及び規範意識の定着、向上と豊かな人間性の育成
(1)生徒の主体性を重視し、基本的な生活習慣の確立を図る。
(2)生徒相互、教師と生徒の望ましい人間関係のもとに、他を思う心や態度を育む。
(3)集団活動をとおし、校訓「自主・自律」や社会に求められる資質を育む。
(4)校歌の指導をとおし、愛校心や一体感を育む。



 ・発達段階に応じた系統的なキャリア教育の充実による自己実践力の育成
(1)計画的なキャリア教育や進路指導のもとに、勤労観や職業観を育み、早期に進路意識を高揚させ、   進路決定を図る。
(2)生徒に自己の能力や適性等を理解させ、その伸長と進路実現を支援する。
(3)家庭や地域、関係機関との連携を図り、キャリア教育や進路指導の充実を図る。







 ・心身の健康増進及び危機管理意識の育成
(1)心身の健康増進のため、規律ある生活習慣の確立と運動の習慣化を図る。
(2)心身の健全な発達や生命の尊重のため、健康安全に関する指導や教育相談に努める。
(3)校内外の清掃・美化等に努め、学習環境の整備を図る。
(4)施設設備の点検や保持に努め、防災体制を強化するとともに、危機管理意識と実践力を高める。